日本では、65歳以上の人を高齢者と呼んでいます。

健康を維持するために食生活を改善する大切さ
健康を維持するために食生活を改善する大切さ

ウォーキングで健康な体作りを

日本では、65歳以上の人を高齢者と呼んでいます。その人口が3000万人を越え、国全体の25%にもなりました。また、80歳以上の人口割合も、10%越していることから、超がつくほどの高齢者社会になっています。そんな高齢者の方々も、日々健康を維持するために、いろいろな努力をされているようです。この高齢者の方々が行なうには、丁度良いとされる運動がウォーキングです。このウォーキングは、体重が増えてしまい、ダイエットをしたいと言う人も良い運動とされています。

このウォーキングの利点は、いつでも、どこでも出来ると言うことになります。場所を選ばず、時間も選ばず行なうことが出来る、気軽な運動と言うことで、誰にでも出来る運動です。また、装備等も特別用意する必要もなく、靴さえ準備するだけで良い訳です。アウトドアの感覚から、開放感を持つことになり、精神的も良いとされます。室内に閉じこもることが多くなりがちな人には、最適な運動と言えるでしょう。

この運動を行なうことで、心臓血管機能の向上が見込まれます。年々弱くなり勝ちな心臓機能の維持が見込まれます。更には、体脂肪が落ちて来ることになり、スマートな身体作りにもなります。老化防止にも役立ち、良い健康体作りにもなることになるのが、ウォーキングの良い所です。

注目情報

Copyright (C)2017健康を維持するために食生活を改善する大切さ.All rights reserved.