昔は、冷蔵庫がありませんでした。

健康を維持するために食生活を改善する大切さ
健康を維持するために食生活を改善する大切さ

保存食を健康的に食べるようにする

昔は、冷蔵庫がありませんでした。それでも食品を保存しなければいけませんでした。いろいろな知恵で、長く保存ができる方法が使われていました。最も長く保存できるのは、食品を乾燥させる方法です。細菌などは、水分がないと増えることができません。乾燥させれば、半永久的に保存が可能です。すべての食品を完全に乾燥させられるわけではありません。

保存食としてジャムであったり味噌が知られています。ジャムは、果物などにたくさんの砂糖を入れて煮詰めたものになります。砂糖に傷みにくい性質があるために、生のまま保存するよりも長く保存ができます。しかし永久に保存できるわけではありません。健康的に食べようとするなら、商品の利用方法を守って使います。開封したら、冷蔵庫に保存をして、できるだけ早く食べます。

味噌は、大豆に塩などを加えて発酵させた食品です。塩が保存に役立つのは良く知られています。こちらも、夏以外なら常温保存が可能かもしれません。しかし夏は常温での保存は難しいでしょう。開封した場合には、必ず冷蔵庫に入れる必要があります。どちらも味が濃いので、傷んでいてもわかりにくいことがあります。日付をみて、消費期限が超えていれば、勇気をもって捨てるようにしましょう。

注目情報

Copyright (C)2017健康を維持するために食生活を改善する大切さ.All rights reserved.